iPhoneアプリ工作室
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< CakePHP1.2 saveを使って複数行を保存する。 | main | 違うプロジェクトで共通クラスを読み込ませる方法 >>
Dreamweaverで任意の拡張子をPHPとして編集できるようにする
1.Extensions.txt ファイルにファイルタイプを追加する。

・Windows NT:
  C:¥WinNT¥profiles¥username¥Application Data¥Adobe
   ¥Dreamweaver 9¥Configuration

・Windows 2000 と Windows XP:
  C:¥Documents and Settings¥username¥Application Data
   ¥Adobe¥Dreamweaver 9¥Configuration
  (Windows XP ではこのフォルダは隠しフォルダになっていることがあります。)

・その他のオペレーティングシステム:
  Dreamweaver CS3 がインストールされているフォルダ下にある
  Configuration フォルダ内にあります。

ここで、PHPとして登録します。

2.もうひとつの設定ファイルも変更を追記する。
 C:¥Program Files¥Adobe¥Adobe Dreamweaver CS3¥configuration¥DocumentTypes
  ¥MMDocumentTypes.xml

<documenttype id="PHP_MySQL" servermodel="PHP MySQL"
internaltype="Dynamic" winfileextension="php,php3,php4,php5"・・・・

   ↓

<documenttype id="PHP_MySQL" servermodel="PHP MySQL"
internaltype="Dynamic" winfileextension="php,php3,php4,php5,ctp"・・・・

3.Dreamweaver の設定
 ファイルタイプ/エディタで 拡張子 ctp を追加し、
 エディタにDreamweaverを指定。


以上、完了したら、Dreamweaverを再起動させます。
これで任意の拡張子のファイルがPHPとして認識されるはずです。

Linux,Apache,PHP,MySQLでWebシステム開発はシステムインテグレートにご相談下さい。
http://www.system-integrate.com
スポンサーサイト
Trackback URL
http://nslab.jugem.jp/trackback/27
TRACKBACK